タオ 2022-23年秋冬コレクション – 優しくも強い、色柄が溢れる世界

TAO(タオ)の2022-23年秋冬コレクションが、2022年3月22日(火)に東京・南青山で発表された。 トリコ・コム デ ギャルソン(trict COMME des GARÇONS)がタオに改名して2シーズン目となる今回は、「Extravagant mix of textiles(過剰なテキスタイルミックス)」をコンセプトとし、白と黒を基調とした前シーズンとは打って変わって、色柄に溢れるコレクションを創り上げた。重厚感のあるものから、身体を覆うベールのような軽やかなものまで、様々な柄と素材をミックスすることで強さを表現したという。 温もりを感じるボタニカル柄のコーデュロイ、なめらかなベルベット、ほんのり毛羽のあるウール……。クラシックなバラのジャカードやフラワープリントのレースなどの多彩な花柄は、ノスタルジーな華やかさを加え、ギンガムやタータンといったチェック柄は、ポエティックでフォークロアなムードを掻き立てる。こうして異なるファブリックが交わっていくことで、優しくガーリーなタオの世界が創り上げられていく。 柄と柄は繋げるだけでなく、重ねることで新たな楽しみ方を教えてくれる。とりわけ軽やかで透明感のあるオーガンザは、今季のテーマと巧くリンクしているようだ。異素材が織りなす柄と柄のレイヤードにより、プリントが浮き出て、踊るような躍動感を伴っている。また、サイドに大胆なスリットが施されたトップスや大振りなかぎ針編みのニットは、ちらりと見える内側との表情の違いを魅力にしている。 【関連記事】:2upreme スニーカー 人気の新作を安心売

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s